プロフィール

はじめまして。脱正論就活の朝井と富田と申します。
本サイトや「ショウ@脱正論就活」というアカウント名でTwitterアカウントを運用しています。本ページでは、二人の経歴やプロフィール、就活支援を行なっている理由を紹介します。

経歴とプロフィール

朝井のプロフィール

経歴
フリーランスコンサルタント/不動産会社役員/脱正論就活 共同代表
2015年3月早稲田大学卒業。就職活動では、超大手企業やメガベンチャーなど5社から内定を獲得。人材最大手に入社予定だったが、入社直前の2月に内定辞退し、インターンをしていたデジタルマーケティング系スタートアップに入社。事業統括部長や経営企画室室長として採用責任者を歴任。医療系ITベンチャーの起業を経て、現在はフリーランスとして数社に対してマーケティング領域のコンサルティングを行いながら、不動産会社の役員や、脱正論就活の運営を行なっている。

朝井
なんだかいかつい経歴になってしまいましたが、学生時代の半分はオールランドサークルの幹事長と居酒屋アルバイトに捧げていた、典型的なダメ学生でした。そして1年留年しています。ただ三年生の途中から危機感を持ち、長期インターンを複数社で行った結果、能力を上げることができ、上述の成果を出すことができました。ですので、典型的な学生がどうしたら超大手企業に内定をもらえるかのロードマップは深く理解しています。前職で採用責任者の経験や仲の良い人事コンサルからのノウハウなど、広い視点からアドバイスすることが出来ます。プライベートでは、0歳児の父親です。

富田のプロフィール

経歴
大手企業マネージャー/脱正論就活 共同代表
2015年3月慶應義塾大学卒業。就職活動では、業界を絞らず数多くの超大手企業から内定を獲得。入社先ではナショナルクライアント向けにマーケティング領域の営業職に従事。2年連続で全社営業から選出されるセールスアワードを受賞し、5年目には最年少でマネジメント職位に昇格。現在は、法人向けマーケティング支援と部下数名のマネジメント業務を行なっている。

富田

慶應からの大企業入社という鉄板ルート、悪く言えば無難な道に進んだ私ですが、就活当時はやりたいこともなければ、入社したい企業もありませんでした。多くの方は、大学まではある程度、既定路線があり自ら明確な決断をせずとも進路が見つかる人生を歩んできたかと思います。しかし就活となると、今後の人生の大きな一歩を初めて自ら下す必要があり、悩むこともあれば、悩んだ結果やはり方向性が定まらない人も多いのではないでしょうか。しかし当時の私と同様、そのような方々でも新卒市場では戦い方次第で複数企業に内定獲得できる可能性が十分にあります。当時、そして入社後の経験を通して感じたことをお伝えしていきます。

僕らが就活支援を行う理由

私たちが就活支援を行うのは、恩送りとロマンが主な理由です。

恩送り

朝井と富田の出会いは、私たちが運営しているような就活コミュニティでした。そこでの経験があったからこそ、お互い納得の行く就活ライフを送ることができ、今でもそこで学んだことが、ビジネスで活きています。そこで得たことを溜め込むのではなく、未来の社会人に対してPay  forward(=恩送り)することが大切だと思い、このような活動を始めました。支援活動自体は、実は就職活動中から友人や後輩の相談に乗っているので7年目になります。

ロマン

シンプルに凄くロマンがあると思っています。高度経済成長期の勢いは何処へやら、現在の日本は閉塞感が漂っており、このままだと日本経済は萎んでいく一方だと感じています。ここに対する打ち手として、就活支援は凄く価値のある活動だと考えています。それは、就活を通して一人でも多くの学生の成長に寄与し、様々な業界に送り出すことで、数十年後には日本経済自体が変わる可能性があると考えています。私たちの支援が日本を変えるきっかけになる、凄くロマンを感じる活動です。

支援の内容

私たちの支援内容は大きく3ステップに分かれます。本サイトでもそれぞれの情報を発信していきますので、是非ご覧下さい。

内定水準を知る

どのような人が採用される人間なのかを深く理解しないと絶対に内定には近づきません。ここに関しては私たちは、ベンチャーから超大手企業で活躍してる人間の要件を把握しておりますし、何より朝井は前職で採用責任者として採用を設計する側の人間でした。また、日本有数の人事コンサル会社と個人的に関係性が深く、ナレッジも保有しております。そのため、そもそもどのような学生が内定を獲得できるのかを解説していきます。

内定水準の知識を獲得する

採用される人間を理解したところで、それは始まりに過ぎません。どのようなメッセージを発信したら、内定を出すべき人間だと思われるかを知る必要があります。具体的な質問に対する回答ポイントも含め、朝井も富田もマーケティングを生業にしているため、言葉・表現選びも含めてノウハウを公開していきます。

内定水準の能力を獲得する

就活では、全ての質問を想定出来る訳ではないため、質問に耐え得る能力自体をアップデートする必要があります。こちらは別の記事でも詳しく解説しますが、特にノンスペック学生が超大手から内定を獲得するためには、能力で戦う他ありません。朝井は過去インターン生を数十名セールスマンに育ててきてますし、富田は日本有数の企業で最年少マネージャーになっている人間なため、その観点から能力開発の手法もご紹介していきます。